忍者ブログ
声優・中澤まさともの日々の在り方とお仕事の話。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『超鋼祈願ササヅカインー新たなる脅威ー』
無事に全公演終えました。
案の定、打上明けはぐったりとしていました。
多分、夏バテ状態だったんですね。実家に寄った際に焼肉食べに行ったらちょっと元気になりました。

さて、
今回も中盤に登場する悪役となったわけですが、いかがでしたでしょう?
一応、ヒーローショーのドリル戦闘員や戦闘用ロボットやネオブラックドリル団の戦闘員を前半はやっていたわけですが、お気づきになられましたか?

本役の五人衆ニューオーダースの一人“鉄壁の玄武”。
台本をいただく前はカプセル兵団座長・吉久さんから「沈着冷静な防御型」と聞いており、それこそ『からくりサーカス』のブリゲッラのイメージだったそうですが、幾回か稽古した後、登場シーンの台本を頂いたら『無邪気な翻弄型』に変わっていました。
しかも…

「倒すけどいいよね?答えは聞かないけど」

と、どこかで聞いたことがある台詞が台本に…。

ハハっ、僕にそれをやれと仰いますか。

はい、喜んで!!←

ということで、リュ●タロスファンの方には申し訳なく思います。他人のフンドシで相撲をとるとはまさにこの事(笑)
しかし僕の中で、他の御四方(五人衆)ではできないことをやろうという野望があったのでそれを汲んでいただけた形になったのは嬉しかったです。
と言うわけで、あざとく作りました。

生意気に髪飾りなんかも付けちゃって。早着替えは大変でしたが…共演者に手伝って頂いて本当に助かりました。
アーマーは肩の尖りが、腕を上げるとよく顔に刺さりました(笑)
もう全力で楽しんでやろうと、稽古中も色々好きにやりました。ルンルンでした(花)

中山泰香ちゃん演じるミネルヴァMK2とその姉にあたる大島紘子さん演じるミネルヴァとの最終対決が決まったとき、直感的に性格を変貌させました。

台本に書かれた台詞だけならあざといままでも良かったのですが“生きる目的が軽薄”であったり、ミネルヴァ登場からの短い間で“ミネルヴァ姉妹の絆”を更に表現するには“相対的に酷い奴にならないと”と思いまして。
自分がメインの殺陣は自分で組み立てまして、盾を使った格闘とミネルヴァ姉妹の戦法の違いを短い間で表現できるように考えました。
①MK2にはマシンガンを撃たせないように突きだした手を弾きまくる。
②盾で殴りまくる。
③ミネルヴァにはマシンガンをフェイントにして反撃させることで、経験値の差を出す。
④頭と手足がしまうのをギャグにする。
昭和ガメラネタと暗いよ狭いよ怖いよー!は完全にアドリブです。調子に乗りましたが、ミネルヴァの散り際を立てられたらいいなと、差し込んでみました。
大島さんはアクション畑の方なので、「こういうコンセプトでやりたいんですけど、どうすれば面白いですかね?」という雑な質問にも手早く応えてもらえて本当に助かりました。
青龍役の谷口さんにも同じようにアイデアを提供して頂きました。ご覧になった方にはお分かりいただけると思いますが、“両腕から鞭を振り回す”恐ろしい技術をストイックに使いこなすという凄まじい方。本当に脱帽でした。

あとはササヅカインダークネスのスーツアクターの岩田さん。まるで熟練の書道家のような止め跳ね伸ばしは芸術的で、そのアクションに対する創造力も大いに刺激を受けました。

そんなこんなで、好き勝手やらせた頂きました。
声優としての技術を使いつつ、アクションを盛り込む。今の自分に出来ることを全てやりました。

でも、
そうですね…、

もしも『ササヅカイン3』がある時は、アテレコシステムに参加できるようになりたいですね。

これは完全に自分の不足ですし、今回のゲスト声優である先輩たちからも様々なことを学びましたが、正直、悔しくもあります。
そういう意味では“本業は声優でありたいんだ”と強く意識しましたね。
先輩には「声優である前に役者であれ」とか「せっかくアクションできる(と言っても岩田さんや大島さんや谷口さんや下尾君に比べたら全然足りてませんよ)のに勿体ない」とか言われそうですが。

実は、稽古や場当たりでゲスト声優さんがいらっしゃらない時、ダークネスの声をやらせてもらっていました。
ダークネスの岩田さんの稽古も含めて色々好き勝手やりましたが、必殺技やセバス・チャンとのアドリブ対決などで自分の持ちネタがないことがどうにも切なかったです…。

もっと、頑張ろう。
様々なことに足りていけるように。

そんなこんなで、満足と悔しさを身の内に廻らせ本公演を終えました。
千穐楽のゲスト声優の千葉繁さんの早口言葉の絶技に稲田さん同様、平伏しましたねー。

自分も偉大なるものを目指してこれからも切磋琢磨していく所存。
今後、お知らせすることがいくつかあります。
公開できるようになりましたら順次お知らせするのでこれからもよろしくお願いします。

『超鋼祈願ササヅカインー新たなる脅威ー』
これにて閉幕。ご来場いただきありがとうごさいました!!

拍手[12回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック