忍者ブログ
声優・中澤まさともの日々の在り方とお仕事の話。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


皆さん、遅い時間ですが失礼します。
ご声援くだっている方からご質問を頂いた件について、ツイッターに挙げたものをこちらにも書いておきます。
また140字の制限で加えられなかった部分もちょっと書き足しています。


僕に関するとある動画についてご質問頂きました。
懐かしいですね、特撮好きな当時の仲間とノリで撮影したもので確かに僕の大学時代の姿です。
当時は仮面ライダーアギトからヒーロー好きが復活しため、ヒーロー知識がまだまだ浅く(今もですが)資料映像を観てポーズを鏡写しに覚えるというウルトラマンゼアスのようなことをしていますね(笑)

その動画が投稿されていることは、頂いたご質問で知りました。
かつてWikipediaに引用元のない大学時代に出演した自主製作映画作品がたくさん羅列された時と同じように驚きました。(当時のwikipediaは引用元のない情報にも寛大でした)

あの時は「大学時代から付き合いはあるけど、彼らは人の揚げ足をとって、突っかかってきたら鬼の首を取ったかのように正論のような理屈を並べて煙に巻いてけらけらと笑っているのだから、僕には論破できないし気持ちを訴えても何を言っても無駄だろう…」と心底諦めて静観していました。

当時、受けたオーディションで「wikipediaで君の名前を見つけたんだけど、あれって自分で作ったの?」って言われもしましたが。

その後、実姉が「全く善意が感じられない」と憤慨して、僕が傷ついていたことに悲しんでいたことを知り(実姉は筋が通ってないことや卑怯なことは大っっっ嫌いな人でして)、彼らに訴えてなんとかしてもらいました。

今回も有志で投稿されているものですし、外側から観ても映像だけでは判別しようがないだろうに僕の名前だけタグにあった(この記事を書いた時点で、そしてそれで発見されたのだと思いますが)のも応援しているつもりなのだと受け取っておこうと思います。

あと、投稿自体は2009年ですし何かしらの特集で動画が紹介されているそうで、急に僕の名前がタグに上がったのであろうことや僕の気持ちとは別に一エンターテインメントとして歩きだしていますし、出来上がっている作品に罪を問うなどは最もしたくないですし、してほしくないですし、楽しんでいる方もいらっしゃって、画面の中で楽しんでいるかつての自分もいますし、僕自身下手くそなけん玉やダンス動画挙げてたりしますし、在ってもよいと思います。増やしてもよいのよ?(笑)
だから、そっとしておこうと思います。なので、そっとしておいてください。

そう言えば、今『アオイホノオ』の実写版もありますね。僕、アレ観ていて時代は違いますけどすっごく懐かしい気持ちが湧きましたねえ。
…あの頃の自分を思うと、後にショーイベントやライダー・戦隊の映画にまで出演できたのですから感慨深くもあります。
そしてその分、最も生きがいとしている声優業もより一層励んでいこうと思えます。

何せ目標の一つはニチアサにレギュラー出演することですからね!頑張りますよ!

皆さん、今後もご声援または暖かく見守ってやってください。お願いいたします~。

拍手[27回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック