忍者ブログ
声優・中澤まさともの日々の在り方とお仕事の話。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「これからもずっと、想いをひとつに...STANDUP!JAPAN」

生放送を終えて帰ってきました。



今回は上の品々を出品しました。
・カプセル兵団『舞台版からくりサーカス』前後編
・Alliance vol;03 使用台本
・メッセージ色紙
(すべてサイン入り)

来週以降にオークションに加わるということで、チェックお願いします。
http://standupjapan.org/

今年で三回目の参加になります。
カプセル兵団の座長の吉久さん!DVDありがとうございます!!
Project One-Sizeの粕谷と平居!俺たちの努力の結晶も出させてもらったぜ!ってここで叫んでなんぼのものでもないので、後ほど連絡します。

それにしても…やっぱり先輩方はすごかった。
頑張ろ。

拍手[14回]

東日本大震災復興チャリティーについて、ぽろぽろとお話しさせてください。

STAND UP!JAPANという、こんなにも多くの人の大きな力の流れに飛び込んで、僕は何ができるのだろう…と思っていました。
誰もが頷けるような代表作もない。
復興支援に飛び込んで現地に行くような経済的余裕もない。
僕自身が失ったものは何もないから痛みを分かち合うことも出来ない。

自分のいる業界に造詣が深い方からも誰?って言うくらいの奴に何が出来る?と。

あの大きな出来事に悲しい気持ちもある、辛い気持ちもある、怒りたい気持ちもある。
でも、
僕のこのいたみは、本当のいたみじゃない。
あの地でたくさんの方が受けた本当の痛みと比べたら、僕のこのいたみは幻想に過ぎない。
その上、僕には今すぐに彼らを助けられる力だってない…。

そんな自分に自信なんて有りようがなかったんです。

でも、
それでも、
出来ないことだらけでも、心が「何とかしたい」と叫んでいるから。
出来ないことだらけなんて、悔しくて腹が立ってもう厭になるぐらい解ったから、今出来ることからちょっとずつ出来ることを拡げていって、いつか出来たいことに辿り着けるように歩んでいこうと。
そう決めました。

できる人たちばかりを羨んで目が眩んでいたって、僕がどこに行けるわけでもないのだからやるしかない。

何より、昔も今も応援してくださる方達が僕にはいる。
まあ…最もご期待に応えられる何かしらの形をなかなか提供できず心苦しいのですが…皆さんが煩わしくない程度にもうちょっと見守ってやってください。

いつかは終わらせられる形にするのが、このチャリティーの本当の在り方ですから、少しでも早くそのお力添えができるように僕も頑張らないと。
PR


追記を閉じる▲
東日本大震災復興チャリティーについて、ぽろぽろとお話しさせてください。

STAND UP!JAPANという、こんなにも多くの人の大きな力の流れに飛び込んで、僕は何ができるのだろう…と思っていました。
誰もが頷けるような代表作もない。
復興支援に飛び込んで現地に行くような経済的余裕もない。
僕自身が失ったものは何もないから痛みを分かち合うことも出来ない。

自分のいる業界に造詣が深い方からも誰?って言うくらいの奴に何が出来る?と。

あの大きな出来事に悲しい気持ちもある、辛い気持ちもある、怒りたい気持ちもある。
でも、
僕のこのいたみは、本当のいたみじゃない。
あの地でたくさんの方が受けた本当の痛みと比べたら、僕のこのいたみは幻想に過ぎない。
その上、僕には今すぐに彼らを助けられる力だってない…。

そんな自分に自信なんて有りようがなかったんです。

でも、
それでも、
出来ないことだらけでも、心が「何とかしたい」と叫んでいるから。
出来ないことだらけなんて、悔しくて腹が立ってもう厭になるぐらい解ったから、今出来ることからちょっとずつ出来ることを拡げていって、いつか出来たいことに辿り着けるように歩んでいこうと。
そう決めました。

できる人たちばかりを羨んで目が眩んでいたって、僕がどこに行けるわけでもないのだからやるしかない。

何より、昔も今も応援してくださる方達が僕にはいる。
まあ…最もご期待に応えられる何かしらの形をなかなか提供できず心苦しいのですが…皆さんが煩わしくない程度にもうちょっと見守ってやってください。

いつかは終わらせられる形にするのが、このチャリティーの本当の在り方ですから、少しでも早くそのお力添えができるように僕も頑張らないと。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック